代表ブログ

もうすぐ端午の節句、こどもの日。

こいのぼりの由来を知らない方も多いのではないかと思います。

でも簡単にかつ、重要なところだけお伝えすると『鯉が滝をのぼり、竜になって天に登った言い伝えから『子どもに立派になってほしい』との願いや意味が込められていて、子どもの成長を願う親をはじめ親族みんなからの『健康で元気に成長してほしい。』『出世魚にあやかって将来を願う。』そんな想いがこいのぼりには込められている。』のだそうです。

OHANAでも、子どもたちの健やかな成長を願って、こいのぼり製作をしたり…

こいのぼりをパンで表現した給食を作ったり…

 

相模川の鯉のぼりを見に行ったりしました!

『子どもは宝』本当にその通りだと思います。

物が豊かになった日本の暮らしの中で、現代を生きる子どもたちは、今の子どもたちなりの苦労や苦悩を抱えて生きています。

それは私たち大人が創り出した社会が生み出しているものでもあります。

その責任を十分感じ取りながら、責任ある大人として何をしてあげられるか。

そんなことを考えられる大人がもっと増えれば、将来の日本は間違いなく変わるはず。いい方向に。

子どもを大人の犠牲の中での産物にしてはいけないと思うのです。

子どもの人権を守れるのは私たち大人だけだから。

 

青空を悠々と泳ぐ、こいのぼりのように子どもたちが伸び伸びと生きられる社会であることを願って…

お気づきになった方もいると思いますが、OHANAのホームページをリニューアルしました!

初めてホームページを作成した時から協力してくださっている穂永さんとあっとほーむさんにお願いし、新しい建物に引っ越したのを機に、よりみなさんに閲覧していただきやすいものにリニューアルいたしました。

今回は、人が一番輝いている瞬間をカメラに収めるのが上手なSotoFotoのカメラマン、高橋亘さんに撮影をお願いしたり、OHANAをずっと利用してくれている方々の感想を掲載してみたり、ブログも保育やイベント、オハナパークなど各サービスごとに分けたりして、読んでいて楽しめる内容になっていると思います♪

ブログについては、Facebookでもご紹介していますので、そちらも併せてご覧くださいね☆

 

ご協力くださった、穂永さん、小栗さんはじめあっとほーむの方々、SotoFotoの亘さん、本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします☆

2月26日に、OHANAの利用者とOAHNA、会社関係者をお招きして完成披露会を行いました。

0226披露会⑫

第一部ではOHANAパス会員さんと保育利用者をご招待して、施設内をご覧いただきました。

みんな新しいOHANAを見て大興奮☆

最後はやっぱりオハナタイム♪

子どもたちの大好きな『ワニのかぞく』の手遊びや『できるかな?』の体遊びを行い、楽しんでもらいました。

 

第二部では相模原駅近くの『中国名菜 敦煌』さんへ移動して披露パーティーを行いました。

0226披露会⑤

新OHANAを設計してくださった創夢設計の伊佐社長

私たちのこだわりをそのまま設計に反映してくださり、時には私たちでも気づかない細やかなところに気づき、使いやすさと安全を追求してくださいました。

伊佐社長がいなければ新OHANAはありません。

本当に感謝です。

0226披露会①

続いて新OHANAを施工してくださった櫻内工務店の櫻内社長

国の助成金を受けて施工することになった新OHANA。

数々の優秀な施工会社の方々が落札に訪れ、その中から一社に選ばれ施工してくださいました。

とても丁寧な工事に加え、早期完成にご尽力くださいました。

本当に感謝です。

0226披露会②

その他にも本社(有)ムラタカンパニーの関係者の方々、社長と深い関わりのある方、横山台にOHANAがあった頃よりOHANAを支えてくださっている方々など、感謝の気持ちを伝えたい方々に大勢お集まりいただきました。

0226披露会③

敦煌さんの美味しい料理は、お越しいただいた方たちを笑顔にしてくださいました。

どれも美味しく、素材にこだわった品々に、みなさんお腹も心も満たされた様子でした。

0226披露会⑥

『OHANA』はハワイ語で家族。

家族のような存在の方々から、

「いや~、よかったなぁ!おめでとう!」

「がんばってたもんなぁ~!」

など、心温まるお言葉をたくさんいただき、とても有難い思いでした。

0226披露会④

ここからがスタートとなる新OHANA。

これからもキラキラと輝く大人たちを目標に、子どもたちの目がキラキラと輝く社会を目指して精進してまいります。

今後とも、ご指導、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

少しずつ寒さが和らぎ、春の訪れを感じることができる季節になってきましたね。

OHANAは来週、2月27日より相模原市中央区上溝2-10-25へ引っ越します!

 

2年前の今の時期。

LCAの校長先生より今の横山台の建物を貸していただけることになり、不安の中にもワクワクした気持ちで始めたOHANA.

OHANAに遊びに来てくれるお母さんたちの声を聞きながら、色んな方々にアドバイスを頂きながら、当初はじめたスタイルから少しずつ進化し、今の形になりました。

 

私たち家族が子ども関係の施設を立ち上げたいと話し始めたのは、もう10年も前の話し。

 

10年前の私たちは、今のOHANAなんて全く想像もしていなかった。

『ママを笑顔にしたい』

『もっと子育てを楽しんでほしい』

そんな想いからはじまったのがOHANAです。

私たちにできること。それは…

① 子どもの成長を共に喜べる場所を作ること

【0~3歳の親子のためのプレイパーク】

② ママの“ やりたいこと ”を応援すること

【0~12歳までの、継続した家庭的な保育】

③ 地域のつながりを作ること

【地域の人々が集う場所、カルチャールーム】

 

ちょっとだけ新しいOHANAをご紹介します。

OHANA①

毎日の出逢い、経験の中で少しずつ想いが募り、固まり、形になっていったOHANA。

上溝に生まれ、上溝の人たちの愛情をたっぷりいただいて育ち、上溝の歴史を学び、見てきた私たち。

こんどは次世代の子どもたちに伝え、育む番。

OHANA②

だからこそ、本当にいいものを取り揃えた子育て支援をしたい。

“木のぬくもりを子どもたちに伝えたい”と事業を行っている奈良県のウッドウォームズさんの遊具。

木登りをして育った私たちにとって、木は遊び相手であり、居場所であり、危険を教えてくれる存在でもあった。

それを子どもたちにも伝えたい。

OHANA④

小さい頃は、近所の子どもたちやいとこと、きょうだいと変わらない関係性で過ごしていた。

ケンカもするし、取り合いだってする。

真似したいくらいかっこいいお兄さん、優しくしてくれるお姉さんもいた。

自分よりちょっとできないことが多いから、お手伝いしてあげたり、助けてあげたりしたくなっちゃう、幼い子もいた。

そんな昔ながらの縦と横のつながりを、現代だって絶やしちゃいけないと思う。

OHANA③

学校から帰ってくれば、おばあちゃんがおやつを用意して待っていてくれた。

夏の暑い日には梅ジュース。

冬の寒い日には、おしるこ。

そんな家庭の味、温もりの中で育ったからこそ、地域の子どもたちにも同じように家庭の味と温もりを伝えていきたい。

OHANA⑤

新しいOHANAには調理室を完備。

幼児は昼食とおやつ、小学生は長期休みの時に、温かい千春さんの手料理を食べることができます♡

OHANA⑧

新しいプレイパークにはボルダリングボードも設置。

毎日の積み重ねでたいぶ筋力が鍛えられた子どもたちがどこまで登れるのか楽しみですね☆

前のOHANAに比べると少し、部屋の広さは狭くなるけれど、より親子同士の距離が近くなればいいなと思っています。

OHANA⑦

ティールームでは今まで通り、お弁当を持ってきてみんなでワイワイ♪ランチタイムを楽しんでもらえます。

OHANA⑥

カルチャールームは大きな鏡がついてパワーアップ☆

天井・床・壁に防音シートが施してあるので、音楽教室やリハーサルでもお使いいただけます。

フラダンスの先生たちも、大きな鏡で姿を見ながら練習ができると喜んでくれました。

 

プレイパークがオープンするのは4月。

3月はプレオープン。

披露会の招待状が届いたオハナパス会員さんのみ、遊びに来ることができます♪

 

それではみなさん。

新たしいOHANAで会いましょう♪

 

お問い合わせ

2月中 : 042-752-5808

3月から : 042-785-2966

メール : lc.ohana.main@gmail.com

 

 

 

先週の金曜日、相模原市医師会が主催する保育園医部会研修に行ってきました。

今回の研修テーマは『スマホに子守りをさせないで』

このテーマを見ただけでドキッとする親御さんもいるのではないでしょうか。

スマホやタブレット、パソコンにゲーム。

世の中は便利さ、手軽さ、多機能さに魅せられ、このような機器から手が離せないようになってきてしまっています。

しかし、このような機器を長時間使用したり、子どもが扱うことによって、気づかないうちに体を蝕まれていることを、知っている人は何人いるでしょうか。

そのことに早く気づかなければならない、早く伝えなければならないと痛感した研修会となりました。

 

最近では赤ちゃんが泣き止むから、子どもがおとなしくしているからと、スマホを赤ちゃんや子どもに手渡してしまうお母さんが増えているようですが、それは子どもたちにとって『毒』です。

 

スマートフォンやパソコンが放っているブルーライト。

これは日中の光なので、脳に『昼間だよ~』という指令を送っているそうです。

このブルーライトを夕方から夜にかけて浴び続けた子どもたちの脳は『まだ昼間だ』と錯覚し、寝付きが悪くなり、就寝時間が遅くなっていしまいます。

すると、睡眠不足に陥り、朝なかなか起きれなくなる。

朝の脳が活発でないので、幼稚園や保育園での活動、小学校での勉強にも身が入らずなんとなくボ~っとしてしまう。

小学生は勉強が遅れ、幼稚園生、保育園生は発育に影響が出始める。

 

これだけでも、スマホの脅威は分かってもらえると思います。

またスマホ育児にはこんな落とし穴も…

① 早期にスマホやゲームに接触させることで、依存性になってしまう

② 親が子どもから目を離すので、事故が起きたり育児放棄になってしまう

③ 愛着形成がされなくなる

④ 体の発達に影響がでる

 

スマホに子守りをさせることで親子間で減っていくスキンシップ。

これは子どもの人間形成の基礎とも言われる『愛着形成』に悪影響を及ぼします。

① 適切なタイミングでアイコンタクトをとり、スキンシップを行い、

② 一緒に過ごす時間を大事にする。

③ さらに、感動体験や成功体験などの実体験を共有することで、

愛着は形成されます。

親子間の愛着がしっかりと形成されていると、子どもたちは様々なものに挑戦しようとする意欲をもつことができるようになります。

また、子どもたちにとって、

①眠ること

②食べること

③遊ぶこと

④愛されること

が育ちの基本となります。

このどれか一つでも欠けてしまうと、子どものすこやかな育ちは保証されません。

 

自らの意志で主体性をもって遊びに取り組むことで、体や脳、こころが満足し、自然と空腹感がやってきます。

お腹いっぱいに健康的な食事をすることで、満足感が得られます。さらに身近なおとなに『愛されている』と実感することで、安心して眠ることができます。

この生活サイクルを大事にした保育をオハナでは実践しています。

また、オハナのプレイパークに遊びに来ている親御さんたちも、オハナで遊ぶことで、よく食べ、よく寝てくれると話してくれます。

 

子どもの成長過程に合わせたポイント☆

乳児 : 肌を離すな

幼児 : 手を離すな

学童 : 目を離すな

思春期 : 心を離すな

なるほどな~と思うポイントですよね。

 

スマホを育児に活用することは、子どもの体を蝕み、心をも蝕み、親子の絆でさえも犯していきます。

お母さんたちはスマホの画面ばかり眺めていたら、子どもたちの心はどんどん離れていきます。

また、育児で悩んだとき、スマホの画面の中には解決策はありません。

目の前にいる子どもにしっかり向き合うこと、オハナのように子育てについて話しができる場所、人を頼ること。

これが大切です。

 

ぜひ今日から、スマホに使っていた時間を子どもとのスキンシップの時間に活用してみてください。

乳児期の赤ちゃんには、満面の笑みで遠慮なくたっぷりと抱っこしてあげてください。

幼児期の子どもには、満面の笑みで迎え入れ、ぎゅっと抱きしめてあげてください。

学童期の子どもは、満面の笑みで出来たことを大いに褒めて頭を撫でてあげてください。

思春期のお兄さんお姉さんには、がんばっていることを認めてあげて、肩をポンポンと叩いてあげてください。

 

スキンシップは人それぞれ、年齢によっても違った形になります。

それでも体が触れ合う感覚は心地の良いものです。

ぜひ、実践してみてくださいね。

今日は爽やかな青空がひろがるいいお天気でしたね♪

たくさんのお友だちが遊びに来てくれて、オハナのお庭はとっても賑やかでした☆

プレイパーク28.3.2

 

さてさて。

明日はひなまつりですね✿

我が家では毎年、手作りのあられを用意して、ひなまつりを迎えます。

IMG_7294

年末についたお餅を小さく切って、よーっく乾燥させておくと、あられの元ができあがります。

こんなに固くなったお餅を、揚げてみよう!なんて誰が初めに考えたんでしょうね。。。

IMG_7295

熱々の油の中に、乾燥したお餅を入れます。

IMG_7293

しばらくかき混ぜながら上げていくと、プクプクと膨れてきました!

IMG_7296

きつね色になるまで揚げたら、油からあげて、今度は別のお鍋に用意していたタレに絡めます。

IMG_7297

充分にタレが絡まったら、冬の乾いた冷たい風に当てながら、かき混ぜれば、できあがり☆

 

明日は、このあられをオハナで配っちゃいます♡

あられにつられて、遊びに来てね~♡♡♡笑

 

オハナプレイパーク詳細はこちら

お問い合わせ042-752-5808

12月のオハナはイベント盛りだくさん☆

IMG_6299

ヨガの体験レッスンが3種類もあり、ママの好みに合ったヨガレッスンを選んでもらえます♪

他にもフラダンスやエアロビクス、ZUMBAダンスまで、それぞれの興味に合わせたレッスンに参加いただけます!

 

そんなママ向けのレッスンだけではありません!

毎月恒例のオハナデーは今回は12月5日(土)に開催予定☆

いつもより早い開催ですが、この日は親子でミニクリスマスツリー作りをしたいと思います♪

ミニ毛糸クリスマスツリー

参加費は材料費で親子500円☆(※プレイパーク利用料は別途かかります)

見本の写真はポンポンがついていますが、当日はスパンコールやビーズをつけてキラキラとかわいいクリスマスツリーに仕上がる予定です!

ぜひ、お父さんも一緒にオハナデーに参加してみてくださいね♪

みなさんのお越しをお待ちしております!

 

オハナプレイパーク詳細はこちら

お問合せ042-752-5808


今日は厚木シティプラザまで研修に行ってきました。

テーマは…

『子どもの自発的行動を促すコーチング』

です。

コーチングって何?と思う方も、聞いたことあるぞって方もいると思います。

私もオハナを始める前に、少しだけコーチング理論に触れたことがありますが手法を学んだのは今日が初めて。

学んでみて驚いたのは、コーチングの手法は私が10年間の現場経験の中で、先輩や同僚、子どもたちから学んだことだったこと。

コーチングは別世界のものではなく、とっても身近なものであり、子どもに対してはもちろん、夫婦関係、職場関係の中でも活用できる手法だったんです。

 

大事なのは話しをする中で、聴き手に回ることはもちろん、

『答えを与えるのではなく、自ら答えを見つけられるように導くこと』

相談されると、つい「いい答えを言わなくちゃ!」なんて張り切ってしまうことありませんか?

また、話しているうちに何だか自分の考えがまとまってきて、自ら答えを見つけることができた、なんて経験ありませんか?

私はあります(笑)

答えは聴き手にあるのではなく、相談者側にある、というのがコーチングの考え方。

これを使うと日々のコミュニケーションもとっても楽になりますよね♪

 

そしてオハナに来ている子どもたちもそうですが、人はみな自ら考え、行動する力が備わっているんです。

「これは危ないからダメ!」「こうした方が成功する」などと、大人が介入しすぎると、自分で考える力が衰え、親御さんが言ったことしかできない子どもになってしまい、社会に出てから自ら動くことができない大人になってしまいます。

「どうやったら上まで登れるかな?」

「こんなふうにしたら高く積み上がった☆」

「ここにひっかけると、ギアが回るぞ!」

など、オハナのプレイパークには子どもたちが自ら考えて挑戦できる仕組みがいっぱい☆

 

話しが上手にできるまでは大人が子どもの気持ちを代弁してあげて、話ができるようになったら、自ら考え、行動できるように導いてあげたいですね。

もってる力を引き出すこと、これがコーチングです☆

もってる力を引き出すこと、オハナプレイパークでできます☆

 

オハナプレイパーク詳細はこちら

お問い合わせ042-752-5808