オハナパーク

今日はOHANAのミニ運動会の日♪

あいにくの雨模様でしたが、カルチャールームで賑やかに行われました☆

全部で13組、子どもだけで18名の参加。

さすがのカルチャールームもモリモリです!

1人ずつ名前を呼ぶと、みんな元気よく返事をしてくれました☆

まずは『エビカニクス』の唄に合わせて準備体操♪

今まで、何度も体操してきたので、できるかな?と思っていましたが、恥ずかしくてできない子、大勢の中でいつもの調子が出ない子など、様々でした。

それもまた、OHANAミニ運動会のいいところ☆

体操の後は、かけっこから!

「よーい、ピ―!」の音で走り出し、カーブを曲がってゴール☆

月齢の小さい子たちも、お母さんと走ったり、スタッフと走ったりしながら頑張っていました☆

続いて障害物競争!

ラダーをくぐって…

台を飛び越えて、ゴール☆

外練習ではまっすぐのコースだったので、カーブするコースでも大丈夫か心配していたのですが、子どもたちは始まる前の話をよーく聞いていて、きちんとゴールすることができていました。

だんだんと闘志が燃えはじめてきました!

障害物競争でくぐっていたラダーを使って、電車リレー☆

ここからはリレー競技が続くので、親子や仲間との絆が大事になります♪

次は子どもたちが大好きなボールを使ったリレー競技♪

ボールをカゴに入れて、次のお友だちにタッチするとういルール。

ちょっと難しいかなと思っていたこの協議も、日々の練習で繰り返し行うことで、子どもたちはルールを理解し、だんだんとできるようになってきました☆

次は片づけ競争☆

ちらばったボールを自分のチームのたらいの中に入れていきます♪

いつも使ったおもちゃは片づけるという習慣ができている子どもたち。

片づけ競争も、とっても上手でした☆

子どもたちの競技はここまで!

次は大人&小学生がチームになって『ピンポン玉リレー』を行いました。

初めにスタートしたのは小学生の2人☆

続いてお父さんやお母さんが、次々にスタートします!

アンカーのお二人です☆

ちょっと差がついてしまいましたが、楽しそうに参加してくれた小学生やお父さんお母さんの表情が印象的でした♪

最後はポンポンを持ってダンス♪

簡単な動きではありますが、このくらいの子どもたちには『見てやってみよう!』と言われてすぐできるものではありません。

日々の練習の中で楽しみながら行っていたダンス。

月齢の小さいこたちも、大人や大きい子たちの動きを見ながら真似しようとする姿も見られていました。

ママとパパとのフォークダンスも、親子バーベキューからの定番になっています♪

最後の『たかいたかい』は頑張ったみんなへのご褒美だね☆

OHANAからはメダルとお菓子のプレゼント☆

みんなよく頑張りました!

「楽しかった人―?」とみんなに聞くと「はーい!」と大きな声がたくさん聞こえてきました♪

 

ちょっと難しいかな?と思うことも日々、少しずつ練習することで「できるようになった!」という実感を得られること、今回のミニ運動会で感じてもらえたと思います。

『子どもと親が一緒に楽しむこと』これが大事だと思うのです。

楽しんでいる大人の様子を見ることで、子どもたちも『楽しそう!』『やってみよう!』と思うものです。

子どもが『ママみたいになりたい!』『パパみたいになりたい!』と思えるよう、いつもママ・パパが笑顔でいられるように、OHANAはこれからも子育て家庭の応援団でいたいと思います☆

今月は誕生月のお友だちがいなかったので、今日は誕生会の時のように奈々さんのピアノの生演奏での唄やこずえさんのお話タペストリー有りの、いつもとは違った、スペシャルオハナタイムで行われました♪

今月の唄にもなっている『トンボのめがね』をピアノの伴奏に合わせて、みんなで合唱♪

トンボのスケッチブックシアターに釘づけになる子もいれば、何となく覚えた歌詞を一緒に唄ってくれる子もいました☆

誕生会の時に、大人も子どもも楽しみにしている “おたのしみ” の時間。

今日はお話タペストリーで『おおかみと7匹のこやぎ』のお話が始まりました☆

こやぎさんたちが、おおかみに食べられてしまうシーン。

子どもたちは驚いたり、怖がったり。。。

真剣な表情で物語の世界に入り込んでいます。

日々のオハナタイムの積み重ねがこういうところで出てきていますね。

こやぎさんたちのお母さんが帰ってきて、取り残された1匹のこやぎと共に、6匹のこやぎを助けに向かいました。

おおかみのお腹の中から次々とこやぎさんたちが出てくると、子どもたちの表情もホッとした表情に♡

最後はお腹に石を詰められたおおかみさんが、池の中へ…

ぼっちゃーん!!

怖~い、おおかみさんがいなくなって子どもたちも安心した様子でした。

 

物語の中に入り込めるということは、想像力が育っているということ。

また物語を聞く中で、登場人物の心境になれるようになると、お友だちとの関係性の中でも『相手の気持ちを考えることができる』ようになり、思いやりの心を育むことができます。

毎日のオハナタイムの中で行っている、手遊びや絵本の読み聞かせ。

子どもたちの知識を多くしていくことに限らず、言葉の習得に繋げたり、想像力の発展に繋げたり、できるように、分かるようになってきたことを自分で実感したり、親が認めたり、と様々なプラス効果が表れています。

こうした子どもたちの成長を見守ることができる私たちオハナスタッフは本当に幸せです。

これからも子どもたちの成長を促す仕掛けをたくさん考えていきたいと思います♪

今日はオハナクラスの子どもたちと、オハナパークの子どもたちで、大根の種まきをしました。

 

子どもたち同士で歩くのが上手になってきたオハナクラスの子どもたち。

きちんと道路の端を歩いて、畑まで行くことができるようになりました☆

大根の種って見たことありますか?

こんなに小さいんです!

子どもたちはこの小さな粒を器用に指先でつまんで、穴の中に入れていきます。

小さな粒を、直径3センチほどの穴の中に入れる作業は、子どもたちにとって簡単なものではありません。

穴ではないところに、落ちてしまったら、上手につまんで穴の中に戻します。

指先を使うと、脳へ刺激がいくので、かなり神経を使った様子。

最年少のEちゃんも、上手につまんで一粒、一粒丁寧に、ゆっくりと穴に入れていました。

きちんと穴に入れないといけないと、子どもたちも一生懸命でした。

種を蒔き終わったら、今度はそぉっと土のお布団を掛けてあげます。

意外と、手が汚れることを嫌がって、なかなか土を触れずにいる子もいました。

そんな中、一番、ふっかふかの畑の土を楽しんでいたのは最年少のEちゃん。

土いじりをして満足そうでした♡

帰りに町子さんから、里芋の葉っぱの日傘をもらいました!

大きな葉っぱなので、子どもたちの体はすっぱり入りました。

畑が大好きなオハナクラスの子どもたちでした☆

続いてオハナパークの子どもたち。

お母さんと一緒に畑にやってきて、一緒に種をまきます。

昨年も種まきを経験したことのある2人で、今年はお母さんに手伝ってもらうことなく、町子さんの手から小さな種をつまんで持って、穴の中に入れることが出来ました!

普段、OHANAパークで指先を使った制作あそびなどをしている子どもたちは、指先を使うのがとっても上手でした☆

最後は土のお布団をかけてあげて、終了☆

これから、お水を上げたり、間引きをしたり、大根のお世話が始まります!

来月あたりに、大根を収穫するのが、楽しみですね♪♪

9月9日、15:00~18:00の短い時間ではありましたが、お月見マルシェを行い、大勢の方がご来場くださいました。

地域でお店を営む方々にお集まりいただき、マルシェを一緒に盛り上げてもらいました!

オハナの給食にも出ているアンドベーカリーさんのパン♪

誕生会の時のシフォンケーキをお願いしている、まめくらさんのパンやシフォンケーキ♪

マルシェで毎回かわいい、子どもたちが好きそうなお菓子をたくさん持ってきてくれる洋菓子店のチャリンコさん♪

たかしさんと縁の深い、赤間源太郎さんが理事長を務める相模福祉村さんから、美味しい揚げたてコロッケと特製生麺♪

いつもオハナで練習をしているマミーズフラダンスのママたちは、フラダンスを披露して会場を盛り上げてくれました♪

大人の雰囲気漂う曲で、魅了してくれたり…

リズミカルな曲と歌詞に『OHANA』の入った曲で、会場を盛り上げてくれたり…

一度見てみたかった、横山先生のソロダンスを見ることが出来たり…

とっても楽しいひと時を、マミーズフラダンスの方々が提供してくださいました♡

OHANAでは『万華鏡』と『ぴょんぴょん跳ぶうさぎさんの手作りおもちゃ』のワークショップを行いました♪

OHANAの子どもたちは制作あそびが大好き!

真剣な顔をして夢中になって作っていました☆

万華鏡の中を覗いてみると、キラキラした世界が広がっていて、子どもたちは大喜び☆

ビーズの種類によって見え方が変わるので、オリジナルの万華鏡ができあがりました!

子どもたちが楽しみにしていたのは、やっぱり『オハナタイム』♪

おもちゃのチャチャチャ♪やはたらく車♪など、みんなが知っている曲が次々に流れて、子どもたちも唄とパネルに夢中☆

最後は、やっぱりみんなが大好きな『はらぺこあおむし』♪

いーっぱいお菓子を食べすぎて、お腹を痛めてしまったあおむしくんの辛そうな様子を見て、子どもたちは心配そうな面持ち。

物語を聞いて、想像して、感情移入することができる。

これは日々のオハナタイムの積み重ねの成果ですね☆

物語の想像力、感情移入は人を思いやる心を育むのに欠かせません。

きっとOHANAの子どもたちは、お友だちの気持ちを考えられる、思いやりのある、優しい子たちに育つのだと思います♡

最後は、みんなでフォークダンス♪

『人間っていいな♪』の曲に合わせて、親子で踊るのはこれで3回目。

たいぶ、慣れてきた様子で、踊りも覚えている部分もあるようで、みんな楽しそうに踊っていました♪

 

お月見マルシェはOHANAの会員さん以外にも、地域の方々にもたくさんご来場いただきました。

音楽や拡声器を使った案内で、ご近所にはご迷惑をおかけしましたが、こうして地域の方々が集まって楽しむ場所があるのは、とてもいいことだなと思いました。

 

交流があるからこそ、困っていることに気付き、手を差し伸べることができる。

どんな人か分かっているからこそ、大変な時に頼ることができる。

 

それが地域であり、人とのつながりなのだと思います。

そんな地域とのつながりを大切に、これからも子育て家庭にとって、また、それを見守る地域にとって必要なことを模索していきたいと思います。

ご協力くださった、出店者の方々、ご来場くださったみなさま、地域で温かく見守ってくださっている方々、今回は来れなかったけれども、いつもOHANAを応援してくださっている方々、すべての方に感謝いたします。

『中秋の名月』という言葉を聞いたことある方もいると思います。

日本では昔から旧暦の8月15日の夜、満月のお月様にすすきや収穫した野菜などをお供えして、実りの秋への感謝の意を表現する行事が行われてきました。

そんな昔からの作物に対する感謝の気持ちを大切にする伝統行事を子どもたちにも伝えたいと昨年より始めたOHANAの『お月見マルシェ』。

今年もそんな季節がやってきました♪

地域で出店している方々が集まって、みなさんに美味しいモノを提供してくださいます。

ぜひお友だちを誘って遊びにきてみてくださいね!

OHANAの会員さんじゃなくても大丈夫☆

もちろん大人だけでも大丈夫☆

「OHANAずっと気になってたのよね。」

「一度行ってみたかった。」

「どんなところか知りたい。」

そんな方もぜひ、遊びに来てみてください♪(※この日のオハナパークは運営しておりません)

【日時】 9月9日(土)15:00~18:00

【場所】 OHANA(相模原市中央区上溝2-10-25)

【出店者】

・アンドベーカリー(パン)

・相模福祉村販売車(コロッケ)

・パティスリー チャリンコ(洋菓子)

・まめくら(パン)

・OHANA(ワークショップ・お月見団子・淹れたてコーヒー・水・麦茶)

 

秋風が吹いて気持ちの良い陽気になってきましたね♪

まだまだ今日は陽射しが強く、湿度も高いので夏の陽気も感じながら、トンボが飛ぶ様子や少し涼しい風が吹くと秋を感じることができるOHANAです。

さぁ!そんな中、OHANAの子どもたちは10月の運動会に向けて練習を始めました!

日頃の遊びの中でも「よーぃ、ドン!」というと走り出してかけっこを楽しんでいる子どもたちは、かけっこの練習に全く抵抗することもなく、白い線に沿って並べられたフープの中に一人ずつ入ってスタンバイ☆

名前を呼ばれたら大きな声で「はい!」と返事をします。

オハナタイムで名前を呼ばれたら返事をすることに慣れていて、毎日練習している子どもたちはお返事が上手です☆

「位置について、よーぃ、ピッ!」と笛がなると一斉にスタートラインから飛び出して走り始めました!

みんなスタートダッシュが上手です☆

続いて障害物競争☆

トンネルをくぐるのはちょっと大変。

でも、筋力のついた子どもたちはスルスルとトンネルの中をすり抜けていきます。

反対側で待っているスタッフに『タッチ☆』してスタートラインまで戻ります。

みんなルールを理解して、大きい子たちの真似をしたりして上手に走ることが出来ました。

今度は借り物競争☆

カゴの中に入っているボールかソーサーを取って…

たらいの中に入れます♪

運ばなきゃいけないのでちょっと大変。。。

でも2つ持って走る子もいたりして、みんな楽しんで行っていました♪♪

最後は園庭の周りをグルっと一周、長距離走☆

一斉に走り出した子どもたち。

少し日差しが強く、暑さも感じる中、一生懸命走る姿は逞しく見えました☆

これから約2か月間、毎日少しずつ練習をしていって、その積み重ねの成果を見ていただきます。

どれだけ子どもたちが成長するか、楽しみです♡

みなさんも、お・た・の・し・み・に♡

8月30日に8月生まれのお友だちの誕生会をしました☆

他のお友だちのお祝いのときは、前に出たがったりするのに、いざ自分が「前にどうぞ」って言われると恥ずかしくなっちゃうんですよね♡

こんな時、堂々として見えるのは女の子の方。

どうしてなのでしょう(笑)

でも二人とも、昨年に比べて身長も大きくなったし、顔つきもお姉さん、お兄さんになって、成長をみんなに見守ってもらっているって幸せなことですね♡

お話を聴く様子を見ても、みんなの成長がよく分かります。

こんなに集中してお話を聞ける2歳児っていないですよね☆

真似っこしてみるのだって上手☆

何でも『やってみたい!』時に、やらせてあげることが大事。それが子どもの成長に繋がります。

やらせてあげられる余裕を、大人は常に持っていてあげたいですね。

エビ姫の話をじーっとパネルを見つめながら聞いている子どもたち。

これは『エビカニクス』という唄ができた、きっかけを知ることのできるちょっとユーモアのあるお話。

お話を聞いた後は、みんなで元気よくエビカニクスを踊っちゃおぅ☆

夏休み中、プール遊びの前に準備体操替わりに踊っていたエビカニクス。

だいぶみんなマスターしてきたようで、上手です☆

エビになったり、カニになったり…

大忙しの場面もありますが、子どもたちは手を上げたり下げたり一生懸命に踊っていました♪♪

誕生日おめでとうの会に、みんなが楽しく過ごせるのは幸せなことですね☆

生まれてきてくれて、ありがとう。

これからもすくすくと育つ姿を見守らせてね♡

お天気が心配されたOHANAのミニ夏祭りでしたが、なんとかお天気にも恵まれ、大盛況となりました!

夏祭りパス限定の輪投げでは、子どもたち一人ひとりに景品が当たるため、子どもたちは真剣☆

何度も挑戦して、輪っかが棒に入ると、とても嬉しそうでした!

カラフルなヨーヨーが浮かぶ、ヨーヨー釣りでは子どもたちが本格的な “こより付” の引っかけるものを使ってヨーヨー釣りに挑戦☆

好きな色のヨーヨーを釣って満足そうでした!

こちらは手作りうちわのワークショップコーナー♪

透明なうちわの材料に各自に配られたセロファンシールを好きなように貼っていきます。

セロファンを重ねて貼ったり、並べて貼ったり、貼り方によってオリジナルのうちわが完成しました!

続いて水鉄砲の的宛て☆

お母さんと一緒に協力してボウリングのピンを水鉄砲で倒します!

なかなか難しそうでしたが、親子で協力して楽しんでいました♪

OHANAの小学生たちは、みんなでアイロンビーズの景品つくりを頑張りました!

カラーボールのくじを引いて、引いた色のカゴから好きなアイロンビーズの景品を2つ選べるというルールは、小学生が自分たちで考えました☆

幼児さんたちが喜んでくれたので小学生も嬉しかったようです♡

上溝駅近くでパン屋さんを営むアンドベーカリーさん。

いつもはOHANAの給食のパンをお願いしていて、子どもたちに大人気なので夏祭りでも販売してもらいました!

案の定、子どもたちから大人まで大人気で帰る頃には、殆どなくなってしまっている状態でした!

OHANAの給食を作ってくれているのは栄養士の千春さん。

毎月、誕生月の子どものキャラクター給食と共に提供している、子どもたちが大好きな、から揚げを販売しました!

外はカリカリ、中はジューシーなから揚げは子どもたちにも大人にも大人気☆

いっぱい食べて、いっぱい遊んだ後は親子でフォークダンス♪

OHANAパークで遊んだ後、片づけ&お帰りの音楽としてお馴染みの『人間っていいな』の音楽に合わせて、親子で踊ってもらいました♪♪

親子バーベキューの時にもフォークダンスを行ったので、覚えてくれていた親子さんたちもいたようです♪

最後はお母さん、お父さんに『高いたかい』をしてもらって素敵な笑顔を見せてくれた子どもたち♡

そんな子どもの笑顔を見て、お母さん、お父さんも嬉しそうでした♡

思った以上に気温が上がり、熱そうな様子も見られましたが、それぞれ楽しめた様子。

安全な場所で、子どもたちが自由に動き回り、自分でお買い物したり、出店の遊びを楽しんだりすることができるOHANAのミニ夏祭り。

今回の反省を活かしつつ、子どもたちが楽しめるイベントをこれからも考えていきたいと思います☆

本日、ご来場くださいましたOHANA(家族)のみなさま、ありがとうございました!

今日はOHANAでミニ夏祭り♪

0~3歳の子どもたちが楽しめる出店がいっぱい並びます!

ぜひOHANAの会員さんたち、遊びにいらしてくださいね♪

10:00~13:00で開催しています!

駐車場には限りがありますので、早めのご来場をお待ちしております☆

会場:相模原市中央区上溝2-10-25(上溝二丁目信号角、ムラタカンパニー前)

お問い合わせ:042-785-2966

OHANA給食担当、栄養士の千春さん特製からあげ仕込中。

はっぴを着ると、お祭り気分倍増!

手作りうちわのワークショップやヨーヨー釣り、輪投げ、水鉄砲的当て、くじ引きもあります♪

あいにくの天気でしたが、時間を遅らせることで開催することができた『わくわく☆バーベキュー』。

参加予定だった方、みなさんが予定通り上大島キャンプ場に集まり、バーベキューを楽しみました♬

先に会場入りしていたスタッフが火おこしをして、火の通りにくい野菜を焼いたり、焼きそばを作ったりして待っていました。

野菜やお肉がいい具合に焼けてたところに…

集合時間を遅らせて、集まってくれたオハナの仲間たちが集合☆

バーベキューのスタートです!

それぞれ好きな食べ物をお皿に盛り付けて「いっただっきまーす!」

親子連れでは、食べ物を用意するのに手が取られてしまうお母さんたちも、今日はオハナスタッフの手があるのでしっかり子どもたちと関わりながら食事を摂ることができたようです♪

お腹いっぱいになった後は、みんなでスイカ割り☆

「やってみたい人ー?」と聞いてみると、子どもたちは次々に「私も!」「僕も!」と挑戦していました。

幼児さんたちが叩いても、なかなか割れなかったスイカ。

今度は小学生の挑戦です☆

幼児さんの時よりは強い音がするのですが、なかなか割れません。。。

そして最年長のHくんんが力いっぱい棒を振り下ろすと…

ピキッ!と割れ目が‼

最後の一撃を!

と任務を任されたのは、やっぱりたかしさん。

スイカの位置を確認して、力いっぱい振り下ろして…

パッカーン☆☆‼

見事にスイカが割れました‼‼

割れたスイカに集まる子どもたち。

「甘くておいしぃ~♡』と大満足の様子。

『手』のような形をした桜の木。

その手のひらの中で食べるスイカは美味しそうですね♡

幼児さんたちは、食べやすいサイズに切ったスイカを美味しそうに頬張っていました♡

最後は親子でフォークダンス♪♬

いつも、遊びの最後に流れる『人間っていいな♪』の歌に合わせて、親子で手を叩いたり、くるくると回ったり♪

フォークダンスをそれぞれ楽しんでいました☆

 

いつも一緒に過ごしている仲間。

絆を深めるために昨年から始めたバーベキュー。

昨年に比べて参加者が倍に増え、お父さんの参加が目立ったのも印象的でした。

『みんなで子どもを育てる』という意識のある方々の集まり。

食材が焼き上がり「セルフサービスなので、自分たちで取りに来てくださーい!」と声をかけると、自然に列を作って食材を取りに来る、お母さん、お父さん。

自分さえ良ければいい、という考えではなく周りの人たちが『食べられているかな?』と考えながら食材を取りに来てくれたり、着替えや荷物が大変そうだったときは互いに助け合う姿も見られました。

これこそ、昔から日本でよく見られる『助け合い、支え合いの子育て』だと思うのです。

自然の中で過ごすことは、子どもたちにとってとてもいいこと。

平らな床や舗装された道とは違い、根っこが出ていたり、草が生えていたり、石ころが落ちていたり…

そんな地面を歩くだけでも子どもたちはバランス感覚を養い、足腰の筋肉を鍛えています。

山や川の中で子どもたちが見つける、石、枝、葉っぱ、虫、花などなど…

普段、街中にもあるものなのに何気なく見過ごして素通りしてしまいますが、その全てが子どもにとって『おもちゃ』になります。

そんなことを考えると、この世の中には “モノが溢れすぎている” のかもしれません。

バーベキューの会場で、大きな石をじーっと見つめている子どもがいました。

『石なんか見て何やってるんだろう?』と思うか、

『何が見えているんだろう?』と考えるかによって、子どもの成長は変わります。

大人にとっては、ただの石。

でも子どもにとっては石だけでなく、石の影でピョンピョン跳んでいるバッタが見えていたかもしれない。

ぎりぎり石に潰されずに咲いている小さな花が見えてたかもしれない。

石の形を見て、動物を想像していたかもしれない。

子どもの発想力は無限大。

大人は固定概念に囚われがちだけれど、子どもの目線で考えると大人の想像では考えられなかった面白いモノを見つけられることもある。

そんな発想力を養ってくれるのも『自然』なのです。

 

私たちOHANAスタッフが、この自然あふれる相模原が好きなのも、子どもたちを豊かに育ててくれるから。

そんな自然の中での体験をこれからもたくさん、させてあげたいと改めて感じた一日でした。