7月1日に予定していた、じゃがいも堀。

あいにくの天気で次週に順延することにしました。

予約した人の中で都合のつく人たちに集まってもらい、7月5日(月)にじゃがいも堀をしました!

じゃがいもの種類は蒸かすとホクホク甘くなるキタアカリと、煮崩れしにくく肉じゃがやカレーにピッタリのメークイーンの2種。

丸長の形をしているのがメークイーンでまん丸の形をしているのがキタアカリ。

じゃがいも同士がくっついたようで、こんなに大きなじゃがいもを見つけたNくん!

嬉しそう☆

じゃがいもを掘るのはもちろん、畑に入るのも初めてなRちゃん。はじめは土の黒さに驚いていたけど、こんなに大きなじゃがいもを見つけて嬉しそう♡

大好きなじゃがいもがゴロゴロと転がっている様子に大興奮なのはTくん。

せっせとビニル袋の中にじゃがいもを入れていきます♪

次々に大きなじゃがいもを掘り当てて『見てー!こんなに大きい!』嬉しそうに見せてくれます。

コブ付きじゃがいもを見つけたのは3年生のRくん。

10個程のじゃがいもがくっついて出来たデコボコじゃがいも。

SちゃんNちゃん姉妹が見つけたじゃがいもも8個の丸いコブが付いたじゃがいも!

面白いカタチ☆

大きいのばかりではありません。

こんなにちっちゃな赤ちゃんじゃがいもも見つけました♡

じゃがいも堀を楽しみにしてくれていたMくん。

形のきれいなじゃがいもを見つけて『イェーイ!』と大喜び☆

軍手をしていても手が汚れることを気にしていたMくん。

『汚れてもいいんだよ』とお母さんに言われて勇気が出た様子。

ひょっこり顔を出したじゃがいもを周りの土をかき分けて、掘ってみると…

こんなに大きくて立派なじゃがいもが出てきました!

買い物袋いっぱいのじゃがいもを持って、みんな満足そうでした☆

 

畑の土は砂場の砂とは違ってふっかふか。

じゃがいもを掘ってると色んな虫と出会うことができる。

スーパーのじゃがいもでは分からないけれど、とっても大きくなるじゃがいももあれば、大きいじゃがいもに栄養が行き過ぎて、大きくなれず赤ちゃんじゃがいものままの芋もある。

そうかと思えば、ちっちゃい芋同士くっついて、大きなじゃがいもになった芋もいる。

 

普段の生活の中では気付かない発見に気付いた子どもたち。

また一つ、野菜や畑という自然から学ぶことができた子どもたちでした。