今月の制作あそびは『ペッタンてんとうむし』という制作です。

ちょっと愛嬌があってかわいいでしょ?

まずは黄色い画用紙の上にペットボトルの底を利用したオレンジ色のスタンプをペタペタと3つ、押していきます。

次に、てんとうむしの頭をのりで付けていきます。

今回使うのは、この3種類の大きさの黒シール。

どのくらいの大きさなのかは、この写真で伝わるでしょうか?

七星てんとう虫に仕上げるので、まずは一番大きいシールをオレンジ丸の真ん中にペッタン!

続いて、その周りに中くらいの大きさの黒丸シールをペッタン!

一番小さい黒丸シールは、この中くらいのシールと同じ大きさの白丸シールの中に貼って『目玉』を作ります。

黒丸がかなり小さいので、シール台紙から剥がすのも大変ですし、それを白い小さな丸に貼っていく作業もかなりの集中力と指先の器用さが必要になります。

それでも昨年から積み上げてきた『指先を使う』という経験は着実に子どもたちの中に蓄積され、成長・発達という形で残されていました。

極小シールを小さなシールに貼るという難しいことをこなしてしまう子どもたちを見て成長を感じられました。

最後はペットボトルのキャップの部分を利用したスタンプを使って“シロツメクサ”を表現。

スタンプやシール貼りの大好きな子どもたちにとっては、とっても楽しかったようです♪

でも、いっぱいやったからちょっぴり疲れちゃったかな?

同じ材料なのに、こんなんに違う作品に仕上がるんですよ☆

面白いですよね♡

今月の制作あそびの日は26日(金)と31日(水)です♪

みなさんぜひ、OHANAの会員になって制作あそびで子どもの指先の発達を促し、脳を活性化させていきましょう!☆