「自分でやりたい!」という思いが強くなる2歳児。

この「やりたい」と思ったときこそ、時間がかかっても自分でやらせてあげる余裕を、大人はもっていたいですよね。

「やりたい!」と思った時が成長のチャンスです☆

SくんとSちゃんも最近、身の回りのことを自分でできるようになってきています。

IMG_7353

今日も靴の脱ぎ履きに挑戦です☆

靴下もつま先を入れてあげるだけで、後はじぶんで靴下を引っ張るだけで履くことができます。

IMG_7354

つま先を靴に入れて、かかとに力を入れて…

IMG_7355

“前を広げると足が入れやすい”というのも、やっていくうちに学んでいきます。

IMG_7357

Sくんの靴は紐靴ですが、靴に足を入れることは自分でできそうです。

IMG_7358

簡単そうに見える『靴を履く』という行為。

大人は何も考えずに履くことができますが、子どもにとっては大変な作業です。

“靴を履く”という行為は…

① 足を靴に入れる踏み込む力

② 靴を引っ張る手の力

③ 足を体に引き寄せるための背筋と腹筋の力

これだけの力がかかってはじめて靴を履くことができるのです。

 

子どもたちの発達段階を見極めて、適切な声かけやお手伝いをすることで、子どもの力を伸ばしていくオハナスタッフ。

子どもの成長の芽を潰さないために大切なことは、子どもの発達状況を見極める力。

オハナには子どもの成長を一緒に見守り、喜びあえる環境があります。

 

子育てが、子どもにとってもママにとっても優しく、楽しいものでありますように。

 

オハナプレイパーク詳細はこちら

お問い合わせ042-752-5808